印刷とWEBのコラボレーション

「インターネットの発展で、紙の制作物は無くなる」印刷業界は衰退すると言われて随分経ちますが、インターネットを紹介する雑誌や電子機器が吐きだず印刷物の多さに辟易しているのも事実です。印刷業者はWEBを敵だと思って愚痴をこぼしていますが、当社ではそのようには考えません。印刷も紙も媒体として捉えれば、それは「なかだちをするもの」でしかありません。そして動画などを含めればもっと多種多様の媒体が存在します。当社では主に紙とWEBのコラボレーションを活用して、お客様と社会を「なかだちをする会社」として新しいアイデアで多くの提案を行い、付加価値を付けたサービスを提供していきたいと考えたいます。

印刷を理解し、WEBで俯瞰する

印刷とWEBは、全く違うもの、違う作り方をしていると思われている方が多いかもしれません。しかし、よく見るとその両者にあるコンテンツは、同じものばかりです。文章があり写真がある、イラストがあり図がある。どちらも同じです。実はこの両者企画から準備から制作までのプロセスは、殆ど変わりません。原稿を書く、写真を撮る、イラストを描く、図を描く、ほとんど同じ方法、同じパソコンソフトで制作します。違うのが、最後のレイアウトする部分と印刷するか、ディスプレーに表示するかの違いです。まっ動画は違いますが、漫画やイラストの延長線にアニメや動画があると思えば、そんなに遠いものではありません。 

おおきな違いは何か?

大きな違いはなにか? それは使う時に現れます。紙媒体は書き込みができる・印をつける・装置がいらいない。これに対して電子媒体は、クローン(コピー)を作れる、それを渡せる・加工できる・検索できる・電源が必要などでしょうか。裏を返せばそれぞれがデメリットになります。

紙媒体は、読み直すことに秀でています。時系列に記憶をとどめておくことが得意です。何処まで読んだっけ、何処まで勉強したっけ…。そんなところです。電子媒体は、検索が得意ですが、何処まで読んだか検索するのは一手間です。これをアナログとデジタルのメリットデメリットとなります。なんだか、印刷業者とWEB業者の愚痴になってきましたね。「なかだちをするもの」としては、そこに線を引くのではなくその特性を理解して、コレボレーションすることで、新しい付加価値を呼び込むことが大切です。

さて、当社が一番だと考える両者の大きな違いは、媒体に必要な面積・体積です。紙媒体は、どうしても場所をとります、時には邪魔になります。それに対して電子媒体はPCやスマホでそれ自体は形がありますが一つ一つのコンテンツの容量は紙媒体に比べれば「塵」みたいなものです。1つのコンテンツを顕すために必要な面積や体積を考えてみると、紙媒体は膨大なものです。それが実は存在感として大きなメリットになります。その上で情報はその中に閉じ込められています。では電子媒体はどうでしょうか。「塵」のような軽いものです。存在感が小さいので、それを見るためには一手間が必要です。ところがどうでしょうか、情報量はリンクという方法で無限大に広がっています。そしてGoogleのおかげで、閲覧者の履歴を見ることができるのです。

物理的(構造的)に異質な媒体(メディア)の特性を理解し特性を活かした「見せ方・読ませ方」でよりよい「魅せ方」ができるのです。

告知 → 誘導 → 刈取り

さいたま市大宮駅の看板
さいたま市大宮駅の看板
電車の中の広告
電車の中の広告
ホームページ
ホームページ

上の3枚の写真は、看板・広告・ホームページでコラボレーションした、看板〜紙媒体〜WEBの事例です。広告の内容は、クライアントの業種(電気工事)の間違い探しの看板です。間違い探しの詳細はコチラを御覧ください)左から駅の看板、中央は電車の広告、そして一番右がWEBサイトです。広告にはQRコードが印刷されています。これによって、ホームページに誘導しているのです。この広告効果で、検索数は倍になり、サイトの価値が上がったことで、Googleでの検索順位が底上げされました。WEBサイトでは、さらにイベントの告知や商材へのリンクそして問合せへの誘導をしています。

このように、紙媒体と電子媒体のコラボレーションで、より多くの宣伝効果を提供できます。
アイデアは様々です。お客様の目的・目標を明確にして、ゴールするまで当社の印刷・WEBの企画力と実現力でサポートさせていただきます。