印刷の疑問にお答え! コーナー

2013年

5月

15日

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い(3)

オフセット・オンデマンド メリット/デメリット

オフセットのメリット/デメリット

  1. 印刷品質が高い(高細線の印刷機を選べる)
  2. 大量印刷に向く(1000枚〜50,000枚程度)それ以上は輪転印刷
  3. 印刷用紙を選ばない
  4. 4色以上の印刷が可能(特色として、金・銀・蛍光カラーなどが選べる)
  5. 大判サイズの印刷が可能(〜A1)

デメリット

  1. 大掛かりな設備が必要
  2. 刷版しなければならないので、少量だと割高。
  3. インクの乾燥に時間がかかる。(UVインクだと速乾)
  4. 2.3の理由により時間が掛かる。
  5. 本校正ができない。

オンデマンドのメリット/デメリット

  1. 少量から(1枚)対応できる
  2. バリアブル印刷ができる(可変データの差し込み)
  3. 納期が短い(オンデマンド!)
  4. 必要な時に必要なだけ(オンデマンド!)
  5. 本校正ができる
  6. 環境にやさしい

デメリット

  1.  大量印刷に向かない(割高)。
  2. 用紙のサイズ(〜A3ノビまで)と量に限界がある。
  3. 印刷品質がオフセットより若干劣る。(最近の機種は同等の印刷品質)
  4. ベタや平アミにムラが発生する。

2013年

4月

02日

輪転印刷とは

オフセット印刷には、輪転印刷と枚葉印刷の2種類があります。輪転印刷と枚葉印刷の大きな違いは給紙の方法です。輪転では、ロール紙を使います。これは新聞広告など大量枚数に特化しているためで、そのため印刷機械が大掛かりになります。枚葉機では、カットされた紙を使用します。枚葉機では、品質を重視した印刷物が可能であったり、色々な紙を使うことができます。

0 コメント

2013年

3月

22日

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い(2)

【コストの違い】

オフセット印刷とオンデマンド印刷のどちらを選ぶか?

コストの違いです。

〜500枚は、オンデマンド印刷。

500枚〜は、オフセット印刷が安くなります。

この2者の違いは、ページ単価です。
オフセット印刷の場合は、版を作ったり、インクの調整量の調整のために試し刷りをします。この初期コストが掛かりますが、オンデマンド印刷は掛かりません。1枚当りの料金は、オフセットの場合、
[初期コスト]+[印刷単価]✖[枚数]
となります。

これに対して、オンデマンド印刷は、
[印刷単価]✖[枚数]
となります。
[オンデマンド印刷単価]>[オフセット印刷単価]
オフセットの[初期コスト]を考慮して、
《[初期コスト]+[印刷単価]✖[枚数]》=《[印刷単価]✖[枚数]》
この時の[枚数]が、オンデマンド印刷にするかオフセット印刷にするかの境目になります。

【オンデマンドでしかできないこと】

オンデマンド印刷のいいところは、

  • 少量印刷でコストパフォーマンスがよいこと
  • 印刷の後インクを乾かす必要がないこと
  • バリアブル印刷が可能なこと

が上げられます。

0 コメント

2013年

3月

15日

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

オフセット印刷とは、最も一般的に使われている商業印刷です。パンフレットや雑誌などの印刷に用いられ、高品質な印刷を可能にします。刷版(印刷に使う版)からハンコのように直接印刷するのではなく、刷版に付いたインキを一旦ブランケットに転写してから、ブランケットから紙に転写するという方式です。呼び名の由来は、ブランケットに転写(OFF)してから紙に転写(SET)するとことからOFFSET(オフセット)印刷と呼ばれています。

これに対して、オンデマンド印刷は原版を作成しません。原稿のデータを直接読み込んで、トナーを吹き付けて印刷します。印刷部分の機構は、カラーコピー機と同様です。

0 コメント