グーグルが、提供しているサイトの最適化を紹介します。

SEO対策の基本

検索された時に、「見栄えの良いサイト」にする

ページタイトル

ページタイトルは、検索結果をで表示される「サイトの概要」です。サイトをわかりやすく説明しましょう。

URL

ドメイン名、URLは、数字やアルファベットなど意味の無い文字の羅列は可能であれば避けて、分かりやすいものにしましょう。

メダデータ(descriptions)

メタデータは、ページの概要を表すものですので、ページごとに的確な内容に改め、160文字以下で記しましょう。

画像データ

画像データは、意味のある画像名を記載し、「alt」属性で画像の内容を説明しましょう。さらに、画像のキャプションを入れるとSEO効果が増します。

更新を頻繁に行う

読む側の視点に立ち、役立つコンツで新鮮な状態に保つ

ウェブサイトは、オンラインでのショップの玄関です。八百屋の例で記したようにお店の店先は、いつも新鮮な商品・商材で飾りましょう。一年中同じ装飾では、お客さんの目につかないなくります、ホームページも同じです。ブログや新着情報などで常に新しい情報を提供し、時には固定化しているページもリライトしたり、ページを追加したり、また画像の追加や変更などをすることで、グーグルのロボットにサイトのイメージチェンジをアピールしましょう。小さな更新でかまわないので、一週間に最低1回は更新するようにしましょう。地道な努力が最短の近道になります。

グーグルは、初心者向けに以下の

Google 検索エンジン最適化スターター ガイドの日本語版

SEO初級者のための「SEOの簡単ガイド」

を公開しています。SEO業者の巧みな電話営業に踊らされずに、まずは自分でできることをやりましょう。

jimdoでSEO対策する方法は、jimdoでSEO対策をご覧ください。