写真撮影

印刷物とホームページには、写真が不可欠。当社では、写真撮影も行います。

現場での簡単な撮影からスタジオ撮影や専門分野に強いカメラマンの手配まで

ニーズと予算に応じた写真撮影が可能です。

信頼性と訴求力

昨今、「インスタ映え」という言葉が流行っています。ここに本質があります。多くのシェアされている画像には共通のポイントがあります。「きれい」だけではありません。心動くメッセージが込められています。

 

リーフレット・パンフレットやホームページでも同じです。少し探せば、簡単にストックフォト画像素材がWEBの検索で見つかる時代ではありますが、「使いやすい一般的な画像」なので個性はありません。それを使っても独自のメッセージは伝わりません。それよりは、ご自分で頑張って写真を撮ることをおすすめします。今はスマートフォンでもそれなりの写真が撮れます。もしもそれができない時には、弊社にご相談ください。


料理・メニューの写真撮影

料理・メニュー撮影

料理・メニュー撮影は、飲食店やカフェのメニュー表、チラシやリーフレット・パンフレット等の印刷物、WEBサイト、SNS媒体の掲載用に使用されるものを撮影します。

 

お店での料理撮影の場合は、休業日や営業終了後など、営業時間外が望まれるケースが多数です。そんな場合は、営業終了後に夜間の撮影も伺います。

 

飲食店の料理の写真は、ファーストインプレッションが全て。そう、美味しそうに感じられるかどうかがとても重要です。写真が美味しそうに見えなれけば、お客様は行こうと思いません。温かい料理は温かく美味しそうに、冷たい飲み物はより冷たく美味しそうに、美味しい料理はより美味しそうに撮影いたします。その後のフォトレタッチも承ります。


店舗や会社案内の写真撮影

会社案内の社内・社屋の撮影

会社案内において、写真は最も大事なビジュアル要素です。会社案内を制作の場合は、制作物の内容に従い撮影を行う事が可能です。撮影の前に、ディレクターやデザイナーと撮影イメージを共有してから撮影に入ります。

 

例えば、「表紙のカットはこんなイメージで」「商品のカットはこれとこれが必要」という風に、制作コンセプトに沿って撮影するので、会社案内にフィットした訴求力のある写真を撮影することができます。

 

スタッフの方が簡易的に撮影した写真をデザインに当てはめるのと、デザインコンセプトに沿ってしっかり撮影した写真を使用するのでは、出来上がりには大きな差が出てきます。特に、会社案内リーフレットやパンフレットなどの表紙は「顔」になる部分です。表紙には、プロの撮影した写真を使用されることをオススメします。


人物の写真撮影サービス

人物の撮影

ポートレート撮影は、そのまま会社やお店のスタッフ紹介、または会社案内等の印刷物、ホームページで社内の雰囲気を伝える為のカットとして使用されます。見る側にとって、写真から、その人となりやキャラクターが魅力的に伝わってくるかどうかは、集客の面でもとても大事な要素です。

 

そういった意味では、普段一緒に働く打ち解けたスタッフ同士で、リラックスしてスマートフォンで撮影した方が良いカットが撮れる場合もありますが、多くの場合は、室内で撮った写真だと明るさが足りずに暗くなってしまいます。

 

写真にとって、明るさは最も重要なポイントでありながら、多くの方の写真は残念ながらとても暗いものです。ポートレート撮影において、野外での撮影なら、晴れていれば自然光が一番ですが、社内での撮影は、ライティングの設計がとても重要です。

 

後からレタッチで明るさ加工を足したところで、元々のライティングがベストな写真には到底叶いません。会社での撮影の場合、社内スケジュールに合わせて撮影日時の調整が可能です。


写真撮影現場

撮影現場例

何よりもフットワークが軽いです。お客様やスタッフ様が大勢出入りする店舗やオフィスの場合、営業が終わった後の時間帯でもお伺いします。

また、例えばお葬式の写真。事前に準備される方もいらっしゃいます。休日でもお申し付けください。


写真撮影とあわせて印刷物の制作も承ります

写真撮影とあわせて印刷物の制作も行っております。印刷デザイン本舗では、撮影した写真をレタッチし、リーフレットやパンフレット、チラシなどの印刷物を制作いたします。印刷物やホームページ等、「どこでどう見せたら効果的か」という視点に立った訴求力の高い写真を撮影いたします。お打合せのついでならば、撮影代をサービスさせていただくこともあります。どうぞお気軽にご相談ください。