社長挨拶

 

 


合同会社オンデマンド代表 西ヶ谷一志

 いつも弊社および弊社のホームページをご利用頂き、ありがとうございます。

 

 『印刷デザイン本舗』の運営会社、合同会社オンデマンドは、1995年8月に産声を上げました。会社発足時の事業柱は、スカイスポーツの専門誌「Cross Country日本版」の出版事業でした。弊社では、マッキントッシュ・コンピュータを数台購入し、専用プリンター、スキャナ、組み版ソフト、画像ソフト、絵描きソフトを購入し、従来の写真製版からとって変わった新しいDTPで編集・出版活動を開始しました。編集プロダクションとしてスタートしたのです。

 雑誌の出版やスカイスポーツの啓蒙活動で培った企画・編集・DTP・印刷のノウハウとして、イベントの企画運営や組織運営で経験したことは、このホームページでご紹介する事業として新しい展開を歩んできました。そして、この度、印刷デザイン事業部を独立し、新たに『印刷デザイン本舗』という屋号(ホームページ)で再出発いたしました。

 

 弊社の第2の柱『ふち無しはがき印刷本舗』事業は、WEB to PRINT事業です。官製はがきにふち無し印刷を施すという他社が真似できない商材を基盤として、ホームページから印刷の申込をする方法で事業拡大を進めています。年賀状印刷などお客様に喜ばれるサービスをオンデマンドで提供しています。弊社では、今後ホームページから印刷注文できるWEB to PRINT事業を推し進めていきます。
 2017年6月からは、新たに「楽々プリント工房」サイトとして、2つめのWEB to PRINTサイトの運営を始めます。名刺・はがき・カード・カレンダー・販促POPなどをお客様がWEB上でテンプレートを選択してデザインを追加できる仕組みを導入し、他社ではやらない極めの細かいデザインが可能な印刷を可能するサービスです。ご期待ください。

 

 第3の柱は、電子媒体事業です。時代と共に電子媒体が台頭し、印刷物以外での訴求力が求められる時代がやってきました。ホームページです。『印刷デザイン本舗』では、紙媒体と電子媒体の価値をしっかりと見据え、紙と電子が混在する社会の中で、お客様の求めるものを的確に捉え、どの方法で訴求するか、それを真剣に考えています。そのための新しい手段として、ホームページ制作を位置づけています。そして、これからの新しいメディアとして、電子ブックに注目しています。スマートフォンやパソコンが普及するこの時代において、紙媒体の多くが電子ブック化される時代になってくるでしょう。そこで、弊社では、未来を先取りし、電子ブックのポータルサイト『さいたまたちよみ』を始めました。ポータルとは、port(港)を語源にもついわば”入り口”といった意味を持ちます。当サイトは、さいたま中の電子ブックの入り口的なホームページです。弊社では、このページで、さいたま中の紙媒体を電子化して掲載します。さいたまの企業・学校・団体が制作した印刷物を電子ブックに変換して掲載いたします。電子ブックを制作するためのお手伝いをします。

 

 案件毎お客様が増える度に新しいニーズとマーケッティングに出会いがあります。求められるものは様々で新しい企画であり勉強の毎日です。お客様のご要望 に お応えし喜ばれることが自ずと社会貢献につながり、それが弊社の存在意義となります。お仕事を通じてお客様の企業活動の理念に触れ、少しずつ弊社も成長さ せていただいています。企画力・編集力・デザイン力を今後も精進し磨いていくことが目下私どもの使命です。これからもお客さまにご満足いただける付加価値 の高い商品を提供し続けてまいります。

 これからも変わらぬお付き合いをお願いすると共に、皆様のご健康とご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

 

 

平成29年4月吉日
代表 西ヶ谷一志